2007年05月02日

レーシックを受けるにあたって、病院を選択する

視力が悪くなったのは、中学生くらいからだろうか。

家族には目が悪い者が多く、メガネをかけていた。
当時は視力も悪くなかったが、家族が眼鏡をかけたり、外したりしているのを見て、憧れた。
そして「俺もメガネをかけたい」と思ってからは、目が悪くなる努力をひたすらしていた。
・暗いところで読書する
・テレビを間近でみる
・TVゲームをひたすら長時間プレイする etc...

今考えればアホとしか言いようがない。
努力の甲斐あって、俺もメガネを手に入れる事ができた。
そして、すぐにメガネに飽きるのが中学三年。

以来、コンタクトに代わってからも、20年近く、近視に悩まされる事になる。

そして今年、レーシックを手術を受けることになった。まずは、肝心の病院選びから。
一生に一度の手術だろうから、施術してもらうクリニック選びは大変重要だ。

まずはネットでの情報収集。
しかしながら、これが結構骨が折れる。

当然、「レーシック」「手術」「評判」などで検索するのだが、肝心のクチコミ情報になかなか辿り着かない。

レーシックを受けるにあたって、一番苦労したのがここだった。
「信頼できる情報」がどこにあるのか。

かつて某巨大掲示板の管理人さんが「嘘を嘘と見抜けない人には(ネット掲示板は)難しい」なんて事を言っていたが、本当に的を射ている。


だからレーシック手術をするにあたり、経験した事を書くことにした。
手術の予定は5月中旬。

術後の経過報告はもちろん、クリニックを決めた経緯やら何やらも一緒に書いていきたい。
尚、これからレーシックを受ける方に参考になるような情報になればとは思うけれども、あくまで手術を受けるのは自分自身の身体ですので、ご自身にてよくお考え下さい。



posted by kiki at 15:23| レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。